信頼できる人の特徴は? 行動や言葉から見分ける方法を詳しく解説

心から信頼できる人には、出会う機会が少ないと思います。仕事でも恋愛でも、信頼できる人が1人でもいれば、安心感を抱くことができるでしょう。信頼できる人とできない人の違いはどのようなものか、信頼できる人になるためにはどうすればいいのかを考えていきます。

  1. 信頼できる人の特徴
  2. 信頼できないと思われてしまう行動や特徴は?
  3. 信頼できる人になるためにできること
  4. 信頼できる人の特徴でよくある質問

信頼できる人の特徴を理解し、見分け方などを覚えておいてください。また、自分自身も人から信頼されるよう、行動や考え方などを見直しましょう。

1.信頼できる人の特徴

信頼できるかどうかは、心理面や行動面に表れます。どのような特徴があるのかを見ていきましょう。

1-1.人の目を気にせず本音をいう

誰でも、人の目や評価を気にしてしまい、本心で言葉を発することは難しいものです。しかし、信頼できる人というのは、人の目を気にせず、自分自身をさらけ出すことができます。嘘(うそ)や飾った言葉を発することがなく、本音で話をしてくれるのが特徴です。

1-2.自分の言葉や行動に責任を持っている

信頼できる人は、失敗や過ちを人のせいにせず、起きてしまったトラブルの発端は自分にあると考えます。言葉や行動に対する責任感があるのが特徴です。また、すべてのことは自分のためにやるものという気持ちで動きます。口が堅く、約束を守るのも、人から信頼されるポイントです。

1-3.誰にでも平等に接することができる

信頼できる人は、誰に対しても平等で、人によって態度を変えるようなことがありません。また、人への感謝の気持ちを持っているため、誠実な態度や行動をとることができ、自然と人を惹(ひ)きつける力があります。

1-4.自己管理能力が高い

時間を守るだけでなく、服装や持ち物などがきちんとしており、浪費をしないなど、自己管理能力が高いのも信頼できる人の特徴です。自分をきちんと制御する力を持ち、人を思いやることもできるため、結婚生活でも頼れるパートナーとなってくれます。

1-5.リーダーシップを発揮できる

信頼できる人はもともと気配りが上手です。気持ちにもゆとりがあるため、人に優しく接することができます。周囲を観察する能力に長(た)けているため、仕事に追われている人を見つけると、自然に手を差し伸べることができ、押しつけがましさを感じません。リーダーシップを発揮し、人望が厚いのが特徴です。

2.信頼できないと思われてしまう行動や特徴は?

信頼できない人が取りがちな行動をご紹介します。ご自身の行動を振り返り、信頼できない人になっていないか診断してみてください。

2-1.約束を守らないことがある

約束を破るのは、信頼できないと思われてしまう行為です。遅刻やドタキャンなどが重なれば、周囲の人は毎回振り回されてしまい、やがて頼みごとをしようと思わなくなります。また、信頼できない人の場合、約束を守らなくても、悪びれた様子がないのが特徴です。

2-2.素直に謝らない

自分を守ろうとしてしまい、人から非難されることを恐れます。自分の過ちや失敗を認めず、素直に謝らないのも特徴です。また、人のせいにしたり、意地を張ったりする行動も、マイナスなイメージにつながります。

2-3.人の悪口をいう

人の悪口は、周囲にネガティブな感情を与えるものです。また、表裏がある人と認識されてしまいます。悪口をいわれることを恐れ、人から敬遠される傾向があるでしょう。普段から不満や人の噂(うわさ)を口にするくせがある人は、周囲の人がどのような気持ちになるかを考えることもせず、行動を見直すこともしない傾向が顕著です。

2-4.相手の立場になって物事を考えて行動しよう

人から信頼されるためには、まず自分を客観的に見るようにし、相手の立場になって物事を考えて行動することが大切です。言葉や行動に移す前に、いったん自分の中に取り込んでみてください。自分に置き換えて行動や言葉を考えるということを繰り返していくうちに、自然と人を思いやることができるようになります。

3.信頼できる人になるためにできること

信頼できる人になるためには、どのようなことを改善していけばいいのでしょうか? 気をつけることや考え方などをご紹介します。

3-1.有言実行を意識する

口先だけで行動が伴わないのは、人の信頼を失う原因となります。言葉に責任を持ち、信念を持って行動しましょう。仕事だけでなく、恋愛でも同じです。小さな約束でもきちんと守り、言葉の重みをかみ締め、有言実行を意識してください。

3-2.見た目より中身を大事にする

印象をよくしようと見た目ばかり気にするのではなく、内面から輝くことができるよう、言葉の使い方や所作などを見直すことが大切です。ふとした動作や言葉に内面が表れます。人の上に立とうとせず、まずは自分らしさを磨きましょう。

3-3.人の話に耳を傾ける

人の話を聞かないのは、自己中心的な考え方をしているケースが多いものです。人の話に耳を傾けることができ、自分の中で考えを整理して会話できる人は、信頼できると感じてもらえます。ただし、自分の意見があってもむやみに相手を批判するのではなく、自分の考えをきちんと論理的に述べられることが大切です。自分の話をする前に、人の話をしっかり受け止める習慣を持ちましょう。

3-4.人の評価や顔色を気にしない

人の評価や顔色を気にして行動するくせがある場合、自分の信念を貫くことはできません。また、人を見て態度がコロコロ変わる人というイメージがついてしまいます。自分に自信を持ち、人や環境に左右されないようにしましょう。とはいえ、協調性はとても大切です。人とのつながりや思いやりの心は忘れずに持ちましょう。

4.信頼できる人の特徴でよくある質問

信頼できる人に関する質問を集めました。

Q.信頼できる人とは行動力のある人を指すのか?
A.はい、そうです。自ら率先して行動することができます。たとえ自分には利益がなくても、困っている人がいればすぐに行動して助けるなど、気配りができることが特徴でしょう。

Q.何か相談をしたい場合は、信頼できる人を見つけたほうがいいのか?
A.信頼できる人は口が堅く、本音で話をしてくれるため、何か困ったことが起きたときの相談相手に適しています。価値観を押しつけるわけではなく、自分の意見を述べてくれるので、気持ちよく会話ができるでしょう。

Q.信頼できる人はメールや電話をしても分かるもの?
A.はい、分かります。メールや電話をしても、迅速に対応してくれるため、一緒に仕事をしていると安心感を抱くことができるでしょう。トラブルが起きたときの対応も素早いのが特徴です。

Q.信頼できる人がいなくなった場合はどうすべきか?
A.信頼できる人がいなくなると、不安な気持ちになるでしょう。代わりの人を探すのは簡単ではありません。しかし、自分が信頼できる人になろうと努力することはできます。行動や言葉を見直し、周囲から一目置かれる存在になりましょう。

Q.信頼できる人は直感で見抜くことはできるのか?
A.直感では見抜くことはできません。仕事や恋愛でも、一定期間接しているうちに、人となりが見えてきます。誠実な対応や姿勢など、ほかの人と違う点が見えてくると、信頼できる人だと感じるようになるでしょう。

まとめ

信頼できる人がいるのは、とても心強いことです。普段の行動や言葉などを見ていれば、信頼できる人かどうかを見分けることができます。口先だけでなく、自分の行動や言葉に責任を持っていることが特徴です。信頼できる人の周りには、自然と人が集まるようになります。仕事でも恋愛でも、信頼されることはとても大切です。信頼できる人の特徴を理解し、自分も人から信頼されるように努力しましょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所