気が利く人の特徴は? みんなに好かれるポイントや注意点を詳しく!

気が利く人は、周囲からとても好かれますよね。「気が利く人になりたい」「周囲から気が利く人だと思われたい」とお考えの人も多いのではないでしょうか。しかし、気が利く人になりたくても、実際にどんな点に気をつけたらいいのかよく分からないですよね。

そこで今回は、気が利く人の特徴について詳しく解説します。

  1. 気が利く人と利かない人の違い
  2. 気が利く人の主な特徴
  3. 気が利く人になる方法
  4. 気が利く人に関するよくある質問

この記事を読むことで、気が利く人になるためのポイントがよく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.気が利く人と利かない人の違い

最初に、気が利く人と利かない人にはどんな点が違うのか、それぞれの特徴を見ていきましょう。

1-1.気が利く人は周囲をよく見ている

気が利く人は、周囲をよく見て行動しているものです。3つの実例を挙げて解説しましょう。

1-1-1.トイレで子どもに順番をゆずったAさん

女性用トイレが少ないせいか、長蛇の列ができていることがよくあります。しかし、中には余裕がない人もいるものです。Aさんが並んだときには、後ろで小さな子どもが我慢できなくて泣いていました。そこで、Aさんが気を利かせて自分の順番をゆずったのです。子どものピンチを救ったことで、親からもとても感謝されました。

1-1-2.混んでいる喫茶店で席を移動したBさん

喫茶店で休憩しよう入店したら、4人席に案内されたBさん。その後、客が増えて席が足らなくなったことを見計らい、カウンター席への移動を申し出ました。店側からとても感謝されたことは言うまでもありません。後から来た客にもお礼を言われ、その後もみんながいい雰囲気で過ごすことができたのです。

1-1-3.来客応対で評判になったCさん

夏の暑い日に来客があったので、Cさんは最初に冷たい麦茶を出しました。その後、営業担当との商談が長引いたため、冷房で体が冷えたのではと考え、タイミングを見て熱い日本茶を出したところ来客からすばらしい対応だと褒められたのです。商談が無事に成立したのはCさんが気を利かせたからだと評判になりました。

1-2.気が利かない人は常に受け身

気が利かない人の主な特徴には、以下のようなものがあります。心当たりのある人は、改善していきましょう。

  • 常に受け身
  • 自分のことしか考えない
  • 視野が狭い
  • 想像力が乏しい
  • 面倒くさがり
  • 行動力がない

2.気が利く人の主な特徴

気が利く人の主な特徴を具体的に解説します。

2-1.常に冷静で余裕がある

気が利く人は、常に冷静で余裕があります。余裕があるからこそ、周囲に気配りできるのです。要領がよく、2つ以上のことを同時進行していても慌てずに対応できます。情報処理の能力が高いため、ほかの人より短時間で作業が終わり余裕が生まれるのでしょう。

2-2.行動力がある

行動力がある人は、気が利く人としても評価が高いものです。たとえば、電車で高齢者や妊婦が目の前に立ったとき、気が利く人はすぐに席をゆずることができます。席をゆずろうと考えているだけでは、意味がありません。行動してこそ周囲に感謝されるのです。やるべきことをすぐにできる行動力をつけることも必要と言えます。

2-3.聞き上手で人間関係が円滑

気が利く人は、相手の話をよく聞いているものです。会話をしていても、常に聞き手に回ってくれるので相手が気分良く話すことができます。ただ聞いているだけでなく、上手に相打ちできるので、会話がどんどん広がっていくのも特徴です。気が利く人の周囲では、人間関係が円滑になるのも当然でしょう。

2-4.ポジティブに考えられる

ポジティブに考えられることも、気が利く人の特徴のひとつです。自分が行動したらきっと喜ばれるというように、常にポジティブな考え方を持っています。また、自分がしたことを気づいてもらえなくても平気です。周囲が快適に過ごせたり喜んでくれたりすればいいと考えることができます。

2-5.テキパキ行動し時間を守れる

気が利く人は、総じてテキパキ行動しています。気が利く人は、何をするべきか分かり、自分から行動できるからです。また、常にやるべきことを先回りして探したり実行したりしているため、ぼんやりしていることは少ないでしょう。さらに、時間を守ることができるので、周囲からの信頼も厚くなります。

2-6.全体での成果を優先する

気が利く人は、全体での成果を優先し、プラスになることを率先してやることができます。たとえば、コピーや掃除などすぐに利益につながらないことでも、嫌な顔をせずに淡々とこなしているものです。気が利く人がいると、効率よく仕事が進み、快適な環境で気持ちよく働くことができます。

3.気が利く人になる方法

気が利く人になるメリットや方法を詳しく見ていきましょう。

3-1.気が利く人になるメリットは?

気が利く人になると、以下のようなメリットがあります。

  • 周囲の人に好かれ円滑なコミュニケーションができる
  • 仕事の評価が上がる
  • 人に喜ばれる
  • 何をするべきか先読みする力がつく

3-2.まずは全体を見渡す

まずは、全体を見渡して今何が求められているのかを把握しましょう。目の前のことばかり追っていると、本当に必要なことが見えません。気が利く人は、全体をよく見ていて、必要なタイミングで行動できます。今何が起こっていて何が求められているのかよく考えてから行動してください。

3-3.おせっかいにならないように注意する

気が利く人になりたいばかりに、おせっかいにならないように気をつけましょう。良かれと考えて行動しても、相手にとって迷惑になるのではいけません。相手が望まないことをすると、嫌われてしまうでしょう。気が利く人は、あくまでも相手がしてほしいことを察知し、さりげなくできるのです。何事もやりすぎないようにしてください。

3-4.先回りして行動するように心がける

何でも先回りして行動するように心がけると、気が利く人になることができます。たとえば、みんなで食事に出かけるとしましょう。気が利く人は通路側に着席し、飲食の進み具合を見ながら次のオーダーを取ったり空いた食器を片付けたりしているものです。このように面倒なことを先回りしてできるようにすれば、気が利く人と言われるようになるでしょう。

3-5.思い込みで行動しない

思い込みで行動すると迷惑がられる原因になります。次なこうなるはずだと思い込みすぎると、気が利くどころか迷惑行為につながりやすいのです。常にフラットな気持ちでいるように心がけましょう。自分が絶対に正しいと思い込んで行動すると、逆効果になりがちです。いくら正論でも、最適な解決法とはとは限りません。相手のことを考えて、何が一番いいのかを読み取りましょう。

4.気が利く人に関するよくある質問

最後に、気が利く人の特徴に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.気が利く人を目指していたら悪口を言われたのですが?
A.気が利く人に対して、ひがみや妬みをぶつけてくる人はいます。自分の言動や行動に問題がないのなら、無視しましょう。

Q.気が利く人になるとデメリットもあるのでは?
A.確かに、デメリットもあります。気を利かせたばかりに、面倒なことを押し付けられることもあるでしょう。しかし、デメリットよりもメリットがはるかに勝ります。

Q.「出しゃばり」にならないようにするコツは?
A.気を利かせたつもりが、周囲からはやりすぎと見えてしまうこともあります。その場の空気を読み、自分が手を出さないようがいいと判断したときは、静観しましょう。特に、目上の人に対して失礼にならないように気をつけてください。

Q.よく「気が利かない」と言われるのですがどうすればいい?
A.まずは、冷静に自分の言動や行動を振り返ってみましょう。自己中心的だったり気配り不足になっていたりしないか考えてみてください。また、家族や気の置けない友人に指摘してもらうのもいい方法です。改善するべき点があるときは、努力してみましょう。

Q.気が利く人になろうとすると疲れてしまうのですが?
A.いきなり気が利く人になれるわけではありません。最初から無理をせず、徐々に周囲に気配りできるようにしていきましょう。

まとめ

今回は、気が利く人の特徴について詳しく解説しました。気が利く人は、周囲から好かれて何もかもうまくいくものです。気が利く人になりたいのなら、まずはどんな特徴があるかをよく観察してみてください。自分にない点・優れた点を見つけたらどんどん取り入れていきましょう。ただし、何でも手を出せばいいということではありません。周囲の状況を的確に判断し、メリハリをつけて対応できるようにしてください。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所