浮気は後悔させることが大切? 浮気を繰り返させない方法を解説

シェアする

配偶者や恋人が浮気をするのは、とても悲しく悔しいものです。「なんとかして後悔させたい」と思っている方も多いことでしょう。浮気をしたことに対する復讐(ふくしゅう)の方法はいろいろあります。しかし、中には「いくら浮気したことを後悔させたいとはいえ、やってはいけないこと」も多いのです。

そこで今回は、浮気を後悔させる方法や、注意点などを紹介します。

  1. 配偶者や恋人が浮気をしているか確かめる方法
  2. 浮気をしたことを後悔させる方法
  3. 浮気をされてもやってはいけないこと
  4. 浮気をくり返させない方法
  5. 浮気に関するよくある質問

この記事を読めば、浮気した配偶者や恋人を効果的に懲らしめる方法が分かるでしょう。配偶者や恋人の浮気に悩んでいる方は、ぜひ、この記事を読んでみてください。

1.配偶者や恋人が浮気をしているか確かめる方法

はじめに、配偶者や恋人が浮気をしているか確かめる方法の一例を紹介します。

1-1.給与明細を見る

浮気相手と会う時間を作るのに、出張や残業を利用している人は珍しくありません。浮気を疑っている場合、給与明細を確認し、残業時間をチェックしてみましょう。残業時間が自称とずれていれば、浮気をしている可能性があります。

1-2.カード明細を確かめる

浮気にはお金がかかります。デートの費用をカード払いにしている人も、珍しくないでしょう。カードの明細を確かめてみて、異性しか使わないような品を買っていたり、レストランでの支払いが多かったりなど、不自然な使い方が多い場合は、浮気を疑いましょう。

1-3.スマホの使い方を確かめる

スマホにロックをかけるようになったり、スマホに通知が来たらそそくさと隠れるようにして確認したりするようになった場合は、浮気をしている可能性があります。また、スマホに見慣れないSNSアプリがインストールされている場合も、注意が必要です。

2.浮気をしたことを後悔させる方法

では、浮気をしたことを後悔させるには、どうしたらいいのでしょうか?この項では、その方法の一例を紹介します。

2-1.慰謝料を請求する

慰謝料は、精神的な苦痛に対する損害賠償です。慰謝料を払うということは、自分が相手を傷つけたと認めることになります。慰謝料は、婚姻関係を続けていても請求が可能です。また、浮気相手いも慰謝料を請求することができます。金銭的な損害を与えることで、浮気を後悔させることができるでしょう。

2-2.離婚を切り出す

既婚者で浮気をしている人は、配偶者ならば許してくれるはずと甘えている可能性があります。離婚した方が自分にとってメリットが多きいのなら、思いきって離婚を申し込んでみると、相手に強い後悔を抱かせることができるでしょう。

2-3.浮気を周囲にばらす

浮気が男の甲斐性(かいしょう)と言われた時代もありましたが、現在、浮気は配偶者や恋人への裏切り行為であり、社会的に許されないことと認識されています。浮気を後悔させるなら、相手の親や兄弟、友人など社会的な影響がない範囲で浮気のことをばらすのもひとつの方法です。

3.浮気をされてもやってはいけないこと

浮気をされたら、感情的になってしまうこともあるでしょう。しかし、配偶者や恋人、そして浮気相手へ感情的に問い詰めてはいけません。感情的になるほど相手への気持ちは冷めていきます。また、相手がどんなに悪くても暴力を振るってはいけません。暴力を振るった時点で、自分が悪くなってしまいます。さらに、浮気をしたと確定がないまま、問い詰めては逆効果にしかなりません。浮気についての話し合いをするならば、証拠を揃えて冷静な話し合いをしましょう。

4.浮気をくり返させない方法

この項では、浮気をくり返させない有効な方法を紹介しましょう。

4-1.しっかりとペナルティを与える

前述した慰謝料請求も含めて、浮気をしたら相手にペナルティを与えましょう。そうすれば、相手は浮気するデメリットの大きさを実感し、浮気をする気持ちも萎えてしまいます。

4-2.家庭や恋人の側が一番と思わせる

浮気相手より、自分の側が一番と思わせることが大切です。ペナルティを負わせたら、後は浮気したことを攻めず、いつものとおり接してあげましょう。そうすれば、相手は「やはりあなたが一番だ」と思ってくれるでしょう。

4-3.浮気はリスクが高いと思わせる

浮気をしたことで、友人や親や兄弟にまで責められれば、浮気はリスクが高いと思わせることができます。浮気をするスリルや一時の快楽と引き換えに得るデメリットを天秤(てんびん)にかけ、デメリットの方が大きいと思えば、浮気を二度としなくなるでしょう。

5.浮気に関するよくある質問

この項では、浮気に関するよくある質問を紹介します。

Q.恋人から慰謝料を取ることはできるでしょうか?
A.婚約中ならば取ることはできます。ただし、単なる恋人同士では恋愛の自由があるので難しいでしょう。

Q.浮気相手から慰謝料が取れないことはありますか?
A.はい。浮気相手が既婚者だったと知らなかった場合や、浮気相手が未成年の場合は慰謝料は取れません。

Q.慰謝料はいくらでも請求できますか?
A.理屈ではできますが、相場があるので請求する場合は弁護士など法律家に相談しましょう。

Q.浮気の確実な証拠とはなんですか?
A.ラブホテルなどの宿泊施設に出入りしている写真などが上げられます。

Q.食事や遊びに行っただけでは浮気と認められませんか?
A.はい。ただし、長期間くり返し男女2人だけで遊びに行ったり食事したりしている場合は、浮気と認められることもあります。

まとめ

今回は浮気をした人に後悔させる方法を紹介しました。感情的に問い詰めては逆効果です。慰謝料を請求するなど、法律などに則って行いましょう。浮気をするとペナルティがあると実感させることが大切です。

シェアする

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所