不倫を解消したい人必見! 解消方法のコツや注意点を紹介!

シェアする

「不倫をしているが解消したい」と思っている人は意外と多いものです。その一方で、「不倫を解消したいが、話がこじれないか不安」と悩んでいる人もいるでしょう。また、「配偶者の不倫を解消させたい」という人もいると思います。

そこで今回は、不倫の解消法を紹介しましょう。

  1. 不倫をする人の心理について
  2. 不倫を解消するタイミング
  3. 不倫を解消する方法
  4. 配偶者の不倫をやめさせる方法
  5. 不倫の解消に関するよくある質問

この記事を読めば、不倫をしている証拠のつかみ方なども分かります。不倫を解消したいと思っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.不倫をする人の心理について

はじめに、人が不倫をする理由の一例を紹介します。

1-1.家庭が円満だと刺激を求めたくなる

男性の場合、家庭が円満だと刺激が欲しくて浮気をすることが珍しくありません。このような浮気の場合、短期間で相手をとっかえひっかえすることもあるでしょう。

1-2.家庭が冷え切っていると外にぬくもりを求める

家庭が冷え切っていても、浮気をしたくなる人がいます。これは、男性だけでなく女性も配偶者以外の異性に救いを求める形で浮気をすることがあるでしょう。そのまま離婚に発展することもあります。

1-3.自分の性的な魅力を確認するために不倫する

異性にモテることが、自分のアイデンティティと考えている人もいます。そのような人の中には、結婚しても不倫することで、「自分には性的魅力がある」と再確認する人もいるでしょう。また、加齢による体の衰えを認めたくなくて不倫をする人もいます。

2.不倫を解消するタイミング

不倫を解消するタイミングには、以下のようなときがあります。

  • 配偶者に不倫がばれた
  • お互いの気持ちが離れた
  • 自分や相手に好きな人が新しくできた
  • 不倫を続けたいという気持ちがなくなった

つまり、リスクを冒しても不倫をしたいという気持ちがなくなった時点で、不倫は解消時だと思いましょう。

3.不倫を解消する方法

この項では、不倫を解消する方法の一例を紹介しましょう。

3-1.話し合いで別れる

最も穏便な解決方法です。しかし、お互いに感情的になってしまうと話し合いがこじれてしまうこともあるでしょう。ですから、話し合いは喫茶店など第三者の目があるところで行うのがおすすめです。また、信頼できる友人などに同席してもらってもいいでしょう。

3-2.手切れ金を払う

不倫はお金で解決できる場合があります。相手は別れたくないと言っている場合でも、お金を払えば首を縦に振る可能性もあるでしょう。手切れ金の相場は10万円台~数十万円が相場です。

3-3.強制的に別れる

お互いの配偶者に不倫がばれた場合、強制的に別れさせられることもあります。この場合、お互いに相手が既婚者だと知っているときは、相手や自分の配偶者から慰謝料を請求されることもあるでしょう。

3-4.別れる際には2人が付き合っていた記録を消す

別れるときには、2人が付き合っていた証拠となる写真やメール、連絡先などは消去しましょう。特に、ヌード写真などがある場合は必ず削除してください。相手が別れに納得していない場合は、リベンジポルノの材料に用いられる危険があります。

4.配偶者の不倫をやめさせる方法

この項では、配偶者の不倫をやめさせる方法を紹介します。

4-1.証拠をつかむ

配偶者に不倫をやめるように説得するだけでは、効果が薄いでしょう。不倫をやめさせるには、不倫をしている確かな証拠をつかむことが大切です。不倫の証拠としては、2人がやり取りしているメールやSNS、配偶者が不倫相手に買ってあげたプレゼントのレシートなどがありますが、最も効果的なのはラブホテルなどの宿泊施設に2人で出入りしている写真になります。

4-2.決定的な証拠の確保は探偵業者に頼む方法もある

配偶者のスマホやカード履歴を見てある程度証拠をつかんだら、決定的な証拠の確保は探偵業者に頼んでもいいでしょう。探偵業者に依頼すれば、不倫相手の住所氏名や勤め先、家族構成などもつかんでくれます。話し合いや慰謝料を請求するために、不倫相手の情報もつかんでおきましょう。

4-3.弁護士を同伴して話し合いに臨む

確かな証拠を確保して話し合いをしても、配偶者が不倫を認めないこともあります。そこで、話し合いをスムーズに進めるために、弁護士に相談し、話し合いに同伴してもらいましょう。離婚しなくても、不倫をした配偶者やその相手に慰謝料を請求することは可能です。弁護士を同伴することで、自分が本気で不倫をやめさせたがっていると分かるでしょう。

5.不倫の解消に関するよくある質問

この項では、不倫の解消に関する質問を紹介しましょう。

Q.肉体関係を持った後に、相手が既婚者であったと知った場合、慰謝料を請求することはできますか?
A.はい。特に、結婚をちらつかせて肉体関係を持ちかけた場合などは慰謝料が請求できる可能性があります。

Q.相手がストーカーなどになる可能性があり、怖いのです。
A.不倫関係を解消したら、引っ越したり電話番号を変えたりしましょう。また、転職も1つの方法です。

Q.配偶者が不倫相手に既婚者であることを黙っていました。
A.この場合、不倫相手は被害者であると主張できることもあるため、悪いのは配偶者です。不倫相手から慰謝料を請求される可能性もあるでしょう。

Q.離婚を決意していますが、慰謝料減額などの条件として不倫を解消することを求められますか?
A.はい。「慰謝料減額などの条件」として不倫関係の解消を求めることは可能です。

Q.不倫関係ですが、一緒に長年住んでいて内縁の夫婦のような関係になっています。別れるときに財産分与は可能ですか?
A.はい。3年以上の内縁関係は夫婦と同様だとみなされます。財産分与も可能ですが、書類上の配偶者との話し合いは必要です。

まとめ

今回は、不倫を解消する方法について解説しました。どちらかがまだ未練がある場合、不倫を解消するのはなかなか大変です。不倫を解消するには、第三者の目があるところで話し合いましょう。また、配偶者に不倫をやめさせるには、まず浮気の証拠をつかんで言い逃れができない状況を作り、話し合いに臨んでください。そうすればうまくいきます。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所