劣等感やコンプレックスを解消したい! 自分に自信を持つ方法を解説!

シェアする

「劣等感やコンプレックスを解消して、もっと気楽に過ごしたい」「何とか自分に自信を持つ方法はないか」とお考えでしょうか? 劣等感やコンプレックスは、誰しも持ち合わせています。前向きに自分の人生を生きるためにも、劣等感やコンプレックスを解消したいですよね。しかし、どんな方法で解消できるのか、よく分からないことでしょう。

そこで今回は、劣等感やコンプレックスについて詳しく解説します。

  1. 劣等感とコンプレックスは違うもの?
  2. 劣等感やコンプレックスの原因
  3. 劣等感やコンプレックスを解消する方法は?
  4. 劣等感やコンプレックスに関するよくある質問

この記事を読むことで、劣等感やコンプレックスを上手に解消する方法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.劣等感とコンプレックスは違うもの?

最初に、劣等感とコンプレックスの違いについて見ていきましょう。

1-1.劣等感とは?

劣等感とは、他人と比較したときなどに自分の価値が低い・劣っていると感じることです。自分より優れた対象の存在がある限り、劣等感から完全に解放されるのは難しいでしょう。なお、劣等感は、実際の能力の高さは関係なく、あくまでも自分の価値観によります。そのため、ほかの人から見れば十分に高い能力を備えていて、むしろ優れていることも多いのが特徴です。

1-2.コンプレックスとは?

コンプレックスとは、さまざまな思考や感情・意識が入り混じったものです。コンプレックスには、英語で複合体という意味があります。怒りや悲しみなどのネガティブで強い感情や体験が、複雑に絡んでいる状態です。自分でも無意識のうちに、特定のものごとに対してコンプレックスを感じることもあります。また、過去の経験によるトラウマが奥底に隠れていることもあるでしょう。

1-3.劣等感とコンプレックスの違いは?

一般的には、劣等感とコンプレックスを同じ意味の言葉として扱っていることが多いものです。実際に、両者の違いについて明確に表現することは難しくなります。しかし、劣等感はコンプレックスより単純であると言えるでしょう。コンプレックスは、劣等感に加えてトラウマやさまざまな思考・感情が絡み合っているものだからです。

2.劣等感やコンプレックスの原因

劣等感やコンプレックスの主な原因を詳しく見ていきましょう。

2-1.他人の評価を気にし過ぎる

他人の評価を気にし過ぎることが、劣等感やコンプレックスの大きな原因です。自分の存在価値を他人の評価で決めがちな人は、特に大きな劣等感やコンプレックスを持つことになるでしょう。自分がよいと考えるものでも、他人の評価が低いと価値がないと判断してしまい、悩むことになるのです。

2-2.自己評価が低い

自己評価が低いことも、劣等感やコンプレックスの原因です。ほかの人から見ればまったく問題なく、むしろ恵まれた環境や能力を持ち合わせているのに、自己評価が低いために劣等感やコンプレックスに悩んでしまいます。自分のことを話すときに「でも」「どうせ」といった言葉が口ぐせになっている人は、注意が必要です。

2-3.周囲に優れた人物が存在する

周囲に優れた人物が存在することも、劣等感やコンプレックスを抱く原因になります。自分より能力が優れていたり、生まれながらにして恵まれた環境を持ち合わせていたりすることで、嫉妬してしまうのです。嫉妬は、強いマイナスの感情であり、劣等感やコンプレックスを生み出しやすくなります。なお、同じ環境で育った兄弟でも、能力や待遇に差があると優れているほうに対して劣等感やコンプレックスを感じることが多いでしょう。

3.劣等感やコンプレックスを解消する方法は?

劣等感やコンプレックスを解消するのにおすすめの方法をご紹介します。

3-1.誰でもあるものだと開き直る

劣等感やコンプレックスは、誰にでもあるものです。自分だけが苦しいのではない、と考えることができれば、随分気持ちが楽になります。劣等感やコンプレックスがあって当然だと考えることで、そのほかのことに気持ちを向けることができ、深く考えずに済むようになるでしょう。

3-2.理想の自分を明確にする

劣等感やコンプレックスと向き合うには、理想の自分を明確にすることが大切です。実際に、理想とする自分の姿を思い描き、条件を明確にしてみましょう。紙に書き出してみると、分かりやすくておすすめです。理想とする自分の姿が明確になれば、もやもやとしていた感情がスッキリすることが分かるでしょう。人によっては、この段階で随分と心が軽くなります。

3-3.できる範囲で努力してみる

自分ができる範囲で努力してみることも大切です。能力不足による劣等感があるのなら、努力をして能力を高めることで、解消できることがあります。劣等感やコンプレックスは、自分が努力しない・できないことへの焦りから生まれることもあるのです。まずは自分ができることをやり、理想の自分に近づく努力をしましょう。

3-4.得意分野の実力を高める

得意分野の実力を高めるように努力してみましょう。劣等感やコンプレックスがある分野にばかり目を向けることをやめ、自分が得意だと思う分野の実力を高めるのです。すると、自信がわいてきて、劣等感やコンプレックスが薄らぐことが分かるでしょう。自分が自信を持てる分野があれば、劣等感やコンプレックスを克服し、前向きに生きられるようになります。

3-5.信頼できる人に話を聞いてもらう

劣等感やコンプレックスは、自分一人だけで抱え込んでいるととても苦しいものです。たとえば、信頼できる人に話を聞いてもらうのもいいでしょう。プロのカウンセラーを利用するのもおすすめです。話を聞いてくれる人がいるだけでも、気持ちが楽になります。ときには、有益なアドバイスをもらえることもあるでしょう。ただし、相手を間違えると逆効果なので注意してください。自分が嫉妬するほどに優れている相手や、劣等感やコンプレックスを抱く相手に相談すると、ダメージが大きくなってしまうことがあります。

4.劣等感やコンプレックスに関するよくある質問

最後に、劣等感やコンプレックスに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.劣等感を抱く相手とは付き合わないほうがいい?
A.自分が相手と一緒にいてつらいと感じるようなら、離れたほうがいいでしょう。無理をして一緒にいると、疲れてしまうだけです。

Q.人より劣等感が強いとどんなデメリットがある?
A.たとえば、以下のようなデメリットがあります。

  • せっかくチャンスが来ても逃げ腰になってしまう
  • 自分のことを評価されても簡単に信じられない
  • 何でもマイナスに考えてしまう

Q.結婚すれば劣等感やコンプレックスがなくなる?
A.何とも言えません。自分のことを評価し常に見守ってくれる相手との結婚なら、劣等感やコンプレックスが薄らぐことでしょう。しかし、結婚相手も結局は他人ですから、完全になくすのは難しいのです。また、反対に劣等感やコンプレックスが増長することもあります。

Q.劣等感やコンプレックスに飲み込まれそうになったらどうする?
A.まったく別のことを考えるようにしてみましょう。もしくは、体を動かすのもいい方法です。適度に体を動かすことで、もやもやした気持ちがなくなってスッキリします。

Q.他人と比較しないようにするには?
A.世の中には、必ず優劣があることを理解してください。他人と比較すれば必ず優劣が発生するということが分かれば、いちいち比較するのがバカバカしくなります。他人が優れていても、その人の人生を生きることはできないのですから、のんびり構えるようにしましょう。

まとめ

今回は、劣等感やコンプレックスについて詳しく解説しました。劣等感やコンプレックスは、誰にでもあるものです。しかし、劣等感やコンプレックスが強過ぎると生きづらくなってしまいます。まずは、自分がどんな原因で劣等感やコンプレックスを持っているのか、理解することが必要です。次に、理想の自分に近づくために努力をしたり、そのほかの方法で自己評価を高めたりしてみてください。自分だけの人生を楽しむためにも、劣等感やコンプレックスとうまく付き合っていきましょう。

シェアする

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所