社内で孤立してしまう原因は? 孤立してしまったときの対処法を紹介

シェアする

「会社で孤立してしまうのはなぜなのか?」「なぜ馴染(なじ)むことができないのか」など、社内での孤立で悩んでいる方は多いでしょう。コミュニケーションがうまくできないと問題を抱えている人はたくさんいます。特に、近年ではインターネットが普及したことにより、対面に苦手意識を感じる方が増えているようです。

本記事では、社内で孤立してしまう原因や対処法について解説しましょう。

  1. 社内で孤立してしまう原因は?
  2. 社内で孤立してしまう人の特徴
  3. 社内で孤立してしまったときの対処法
  4. 社内孤立に耐えられない場合は転職という選択も
  5. 社内孤立に関してよくある質問

この記事を読むことで、社内孤立をしていてもうまく対処する方法が分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.社内で孤立してしまう原因は?

まずは、社内で孤立してしまう主な原因をチェックしていきましょう。

1-1.人付き合いが苦手

社内で孤立してしまう多くの人は、人付き合いに苦手意識を持っているのではないでしょうか。そこが大きな原因となっています。人付き合いが苦手だからと無意識のうちに孤立してしまう行動を取ってしまっているケースです。たとえば、電話に出るのが遅い・直接言えばいいことまでメールする・会社行事は欠席するなどの行動があります。仕事上においてコミュニケーションは必要不可欠なものなので、自分から人に関わることや会話を避けると孤立するのは当たり前でしょう。周囲から「話しかけにくい」「付き合いが悪い」と思われる可能性があります。

1-2.嫉妬されていることも

通常どおりに人と接していても孤立してしまう方は、周囲から嫉妬されている可能性があります。人は自分がほしいものを持っている相手に、嫉妬という感情を抱いてしまうものです。きれいな外見をしていたり、裕福な家庭で育っていたり、高学歴で営業成績が良かったり……うらやましいと思う対象は人によってさまざまでしょう。特に、女性の場合は、外見がきれいな人ほど嫉妬される可能性があります。仲間意識が強いところもあるため、孤立してしまいがちです。

1-3.問題行動を何度も起こして信用を失っている

今までの行いや言動を振り返ってみて、あなたは問題行動を何度も起こしてはいないでしょうか? 問題行動を何度も起こしてしまった結果、信用を失い、社内で孤立してしまうことがあります。約束を守らない・いつも遅刻するなど問題行動をくり返してしまうと、社内からの信用を失うのは当たり前です。仕事の足を引っ張る存在だと思われてしまい、職場の人たちから避けられて孤立してしまうでしょう。

2.社内で孤立してしまう人の特徴

ここでは、社内で孤立してしまう人の特徴について見ていきたいと思います。

2-1.社風や待遇に不満があり、ネガティブ感情になっている

会社に対して何かしらの不満を持っている人ほど、社内で孤立する傾向があります。社風・待遇に不満を持つほど、どのような仕事でも反発心が出てしまうからです。周囲との連携が取れなくなってしまい、周囲にいる仲間は敵だとみなしてしまいます。その結果、自分から殻に閉じこもってしまい、まわりとのコミュニケーションを避けることになってしまうのです。会社への忠誠心もなくなってしまうので、上司に直訴しても反発されたり反旗を翻した人物としてまわりから敬遠されたりしまいます。

2-2.要領が悪く仕事でミスを連発してしまう

仕事スキルは人によってさまざまですが、どんなに努力をしても頑張っても要領が悪くなってしまいミスを連発してしまうことがあります。注意力が足りずに仕事でミスを連発する人ほど、社内で孤立しやすい状態に近いといえるでしょう。自分がミスをすると周囲に迷惑をかけてしまいますし、ミスが多いことで煙たがられる存在になってしまいます。最初のうちは見逃してもらえるケースがほとんどですが、何度もミスをくり返していると「この人は学習しない」と思われるようになるのです。

2-3.会話するたびに相手の意見や考えを否定する

他人を否定する人ほど、周囲から人が離れていき社内で孤立しやすい人です。「この人に何を言っても無駄」だと思われるようになり、まわりから人がどんどんいなくなってしまいます。あなたは、「でも」「だって」「だけど」など逆説な言葉をたくさん使ってはいないでしょうか? 否定されるたびに相手は嫌な気持ちになり、あなたと話をするのが嫌になってしまいます。否定的な考えや否定だけしかしない人は煙たがられるでしょう。

2-4.飲み会や社内行事に参加しない

社内のイベントや飲み会など、集まりに積極的に参加しない人も社内で孤立しやすい傾向があります。仕事仲間は仕事だけ、プライベートはプライベートとハッキリ分けている方もいますが、チームワークを求める職場における交流はとても大切です。特に、日本社会においては、仕事終わりの付き合いが悪い人は打たれやすい傾向にあります。職場での信頼関係を築くことに積極的ではないとみなされ、突き放されるというわけです。

3.社内で孤立してしまったときの対処法

では、社内で孤立してしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

3-1.まずは自分自身の行動や振る舞いを振り返ることが大事

孤立したのは自分のせいではないと思うかもしれませんが、まずは、自分自身の行いを振り返ることが大切です。無意識に、孤立の原因を作っていたかもしれませんし、努力を怠っていた可能性もあります。自分の問題点を把握しているのなら、改善のために努力をすることが大切です。自覚している方は孤立の原因に心当たりがあるということなので、改善するためには何をすべきなのか考えましょう。たとえば、自分から人を遠ざけていたのであれば、積極的に話しかけたり飲み会に参加したりします。自己主張が強すぎるなら相手の意見を聞くところから始めましょう。自分から変われば、周囲も変わり始めます。

3-2.プライドを捨てて弱みをさらけ出す

社内で自分の弱みをさらけ出すには、なかなか勇気がいることです。特に、プライドが高い人ほど弱みを見せたくない・常に優位な立場でありたいという気持ちが強いでしょう。けれども、それが社内で孤立する原因になっていることもあるのです。だからこそ、思いきって自分の素直な気持ちや弱みをさらけ出してください。そうすることで周囲はあなたの本当の姿を知り、好印象を持ってくれるようになるでしょう。自分の殻から抜け出すことも大切なポイントです。

3-3.自分の得意分野を見つけて結果を出す

なかなか仕事でうまくいかない時期が続くと、自分に自信が持てなくなってしまいますよね。自信がなくなる→ミスが増える→さらに自信をなくすという悪循環に陥ってしまう恐れがあるので、自分の得意分野は何なのか考えてみましょう。普段からミスをくり返してしまう人は、自分の得意分野を見つけることで結果が出しやすくなります。仕事で結果を出せばまわりの目が変わり、あなたを認めてくれるようになるでしょう。仕事で結果を出して会社に貢献できれば、必ず認めてくれるはずです。

4.社内孤立に耐えられない場合は転職という選択も

自分で努力しても社内孤立が解消せず、耐えられない状況になるでしょう。そんなときはどうすればいいのか、いくつか解決策を紹介します。

4-1.思いきってほかの職場に転職する

社内孤立に耐えられない場合は、思いきってほかの職場に転職する方法があります。今の仕事が大好きな内容だとしても、社内環境が悪ければどんどん自分にストレスがかかってしまうでしょう。無理をして働き続けた結果、精神病を患ってしまった人もいます。また、チームワークを必要とする職場ほど、無意識のうちに負荷がかかるものです。そのため、思いきってほかの職場に転職し、一から始めることをおすすめします。新たな気持ちで取り組むことができますし、自分に適した仕事が始められるでしょう。

4-2.新しい職場なら人間関係が再構築できる

転職をする大きなメリットは、人間関係が再構築できることです。すべてリセットできるため、気持ちを楽にしてやり直せるでしょう。孤立を防ぐための対処法は簡単ではありませんが、新しい職場でならハードルを低くして取り組めるようになります。すでに孤立している環境よりも周囲に声をかけやすくなり、自分を知ってもらえるチャンスに恵まれるはずです。新入社員となれば必ず周囲も興味を持ってくれるのでコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。新しい職場が決まったら、前職での失敗を踏まえた上で自分を表現してください。

4-3.あなたを受け入れてくれる職場を見つけよう

新しい職場への転職を決意したら、あなたを受け入れてくれる職場を見つけてください。今の職場で孤立していたり浮いたりしていても、あなたを受け入れてくれるぴったりな職場があるはずです。職場に居場所がなかったのは、必ずしも自分のせいとは限らないでしょう。どうしても文化や理念が自分の理想と合わないケースもあるので、まずは自分がどんな仕事をしたいのか・どんな目標を持っているのか知ることが大切です。

5.社内孤立に関してよくある質問

社内孤立に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.人付き合いの苦手意識を克服する方法は?
A.人付き合いにストレスを感じているケースが多いため、まずはストレスへの慣れから始めましょう。ストレス耐性を身につけることができれば、人付き合いに対する苦手も自然と克服できるようになります。ただし、無理にストレスと付き合う必要はありません。できるだけ、ストレスを感じたくない方が多いと思うので、自分と合わない人や否定・批判してくるような人とは関わらないようにしましょう。自分が語れるものについて語れる仲間を作ることも、人付き合いを克服するポイントとなります。

Q.真面目すぎる人も孤立しやすいのか?
A.仕事に対して真面目に取り組む人ほど信頼されますが、真面目な人ほど孤立しやすい傾向があります。たとえば、真面目な人はきちんと計画を立てて取り組む傾向があるでしょう。その一方、プロジェクトの方針がコロコロ変わったり、計画外のことが起きたりするとパニックになりがちです。計画どおりに進まなくなるほどイライラしやすく、不安定な状態になってしまい孤立する原因を作ってしまいます。

Q.転職したくない場合の対処法は?
A.仕事は稼ぐための手段と割り切って取り組む方法があります。職場の人間関係を改善できない場合は、開き直ることも大切なポイントになるでしょう。仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切ることができれば孤立もそんなに苦ではなくなります。つまり、自分の孤立を正当化するというわけです。けれども、自分が原因で孤立している場合、さらに人間関係が悪化してしまう恐れがあるので注意してください。

Q.自分に合った転職先を見つけるポイントは?
A.どんな仕事にやりがいを感じるのか明確にすることです。やりがいのある仕事に就くことができれば、居場所を確保しやすくなるでしょう。やりがいのある仕事は自分に合っている仕事なので、想像以上にポジティブな感情を抱くことができます。気持ちがポジティブになれば周囲から声をかけてもらいやすくなり、コミュニケーションも自然と取れるようになるでしょう。

Q.人間関係を改善するコツは?
A.無理のない範囲で会社の行事に参加したり、困っている人がいたら進んでサポートしたりするなど、周囲を考慮した行動をするのが大切なポイントです。興味がないから・面倒だからと思っていても会社の行事には参加し、周囲とのコミュニケーションを図りましょう。あなたと交流してみたかったと言ってくれる人が現れるかもしれません。また、毎日挨拶をしたり雑談に加わったりすることも大切なポイントとなります。

まとめ

社内で孤立してしまう人は、自分の意見ばかり言ったり自己主張が強かったりする傾向があります。チームワークを必要とする職場なら、なおさら周囲の人と意見を交換し相手の気持ちを考えて行動しなければなりません。孤立しそうになりそうなときは、自分を見直すところから始めましょう。すでに孤立している人でもまだ間に合います。相手や環境のせいにするのではなく、自分自身と向き合う時間が重要です。

シェアする

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所