DV(家庭内暴力)

DV(家庭内暴力)被害から抜け出すために!
原因や対策方法を紹介

DVとは「親密な関係にあるパートナーからの暴力」のこと。ここでいう「暴力」の形はさまざまで、殴る・蹴るなどの身体的暴力に限りません。確かに、家庭内暴力は相談しにくく深刻なものです。そのため、1人で悩んでいるDV被害者もたくさんいるでしょう。この記事では、DVの種類や原因・対策などを解説します。

どうすればDVの苦しみから抜け出すことができるのか、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。

01. 01. DVとは?

DVの定義や種類は非常に幅広く、自分がDV被害者であるという意識がない人も多いでしょう。まずは、DVの定義や種類や全国にどのくらい被害者がいるのかを解説します。

1-1.DVに明確な定義はない?

DVは「ドメスティック・バイオレンス」の略です。一般的には「配偶者や恋人など親密な関係にある、またはあった者から振るわれる暴力」という意味で使われていますが、実は明確な定義は決まっていません。人によっては、親子間の暴力も含んだ意味で使用することもあります。

1-2.DVは5種類ある!

DVは大きく分けて5つの種類に分類されます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

1-2-1.殴る・蹴るなどの「身体的暴力」

1つ目は「身体的暴力」です。殴る・蹴る・つねる・物を投げる・熱湯をかける・首を絞めるなど、加害者が被害者から一方的に行う暴力のことを言います。

1-2-2.怒鳴る・無視するなどの「精神的暴力」

大声で怒鳴る・無視する・電話やメールを無断でチェックする・命令口調でののしる・嫌がることを言って脅すなどの「精神的暴力」です。被害者にストレスがかかるようなことを繰り返し、精神的に追い込みます。

1-2-3.性交渉の強要など「性的暴力」

「性的暴力」は、性交渉を強要する・避妊をしない・中絶を強要する・異常に嫉妬心を抱くなど、性的に心身ともに受ける暴力のことです。

1-2-4.生活費を渡さないなどの「経済的暴力」

生活費を渡さない・大きな買い物の決定権を渡さない・酒やギャンブルに生活費をつぎ込む・仕事を制限するなど、経済的に自由を許さない暴力のことを「経済的暴力」と呼びます。

1-2-5.被害者を社会から隔離しようとする「社会的隔離」

携帯電話やパソコンの所有を拒否する・外出先や電話の相手を細かくチェックする・交友関係を細かく管理する・親兄弟から隔離したがるなど、被害者を社会から隔離しようとするのが「社会的隔離」です。この場合、相手がそのような行為に至るのは愛情の現れであり「自分が悪いせいだ」と思い込んでしまう被害者が多いでしょう。

1-3.DV件数は過去最多

現在、警視庁へのDVにかんする相談件数は過去最多を記録しています。そのうち、暴行や傷害容疑による摘発件数は87%を占めているのです。被害者の性別は、その9割が女性。年代別で見ると、婚姻率が高まる30代以降での被害が圧倒的に多くなっています。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所