別居中に浮気されたらどうする? 慰謝料請求を有利にするコツを解説!

シェアする

「別居中に浮気されたら、どうすればいいのだろう」「別居中の浮気でも慰謝料請求する方法を知りたい」とお考えではありませんか? 別居中とはいえ、浮気はパートナーからの重大な裏切りですから、とても悔しいですよね。しかし、どこにどんな相談をすればいいのかよく分からないことでしょう。

そこで今回は、別居中の浮気について詳しく解説します。

  1. 別居中の浮気は慰謝料の対象になる?
  2. 別居中の浮気で慰謝料請求できるケースは?
  3. 別居中の浮気を調べる方法
  4. 浮気調査を探偵事務所に依頼するには?
  5. 別居中の浮気に関するよくある質問

この記事を読むことで、別居中の浮気を見抜くコツや効率よく調査する方法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.別居中の浮気は慰謝料の対象になる?

最初に、別居中の定義や慰謝料が請求できないケースについて見ていきましょう。

1-1.別居中とはどんな状態?

別居中とは、夫婦が何らかの理由で別々に暮らしている状態のことです。夫もしくは妻が単身赴任中で、離れて暮らしている場合も当てはまります。ただし、一般的には、夫婦関係がうまくいっていない、もしくは破たんしていることが前提になることが多いでしょう。夫婦がお互いを冷静に見直すためや離婚をするためなど、別居の目的はさまざまです。なお、別居中に浮気された場合、慰謝料請求が可能なことがあります。

1-2.慰謝料請求できないケースもある

別居中でも、すでに離婚することでお互いの意見が一致している場合は、慰謝料を請求できません。婚姻継続の意思がなく、夫婦関係がすでに破たんしていると判断されるからです。法的には夫婦であっても、実際に夫婦関係が成り立っていない場合は、慰謝料請求の対象にならないので注意しましょう。

2.別居中の浮気で慰謝料請求できるケースは?

別居中の浮気でも、慰謝料請求できるケースをご紹介します。

2-1.婚姻継続を前提とした一時的な別居

夫婦が婚姻継続を前提とした別居では、浮気で慰謝料請求できます。婚姻継続を前提としている時点で、夫婦関係が破たんしていると判断されないからです。2人でやり直すための準備期間として別居しているのに浮気に至るのでは、パートナーに対する重大な裏切り行為に当たります。

2-2.今後の話し合いをするめの冷却期間

離婚か婚姻を継続するのかを話し合うため一次的に別居する場合でも、浮気は慰謝料請求の対象となります。冷静に話し合うための冷却期間であるにもかかわらず、ほかの異性と不貞行為に至るのは許されることではありません。万が一、離婚する方向で話が進んでいたとしても、浮気をすることで不利な条件を突き付けられることもあるでしょう。

2-3.単身赴任に伴う別居

単身に伴う別居は夫婦関係が継続しているものと判断されるため、浮気をすれば慰謝料請求の対象になります。別居の理由が、遠方の勤務先に通えないためであり、夫婦の不仲ではないからです。単身赴任中は、開放感から浮気に走ってしまう人も多くいるので注意してください。

3.別居中の浮気を調べる方法

別居中のパートナーに浮気の疑いがあるときには、調査して事実を確認しましょう。

3-1.浮気が怪しい曜日や時間帯に連絡してみる

一般企業などに勤務している場合、休前日の夜間や休日に浮気することが多くなります。たとえば、休前日の夜10時前後などに電話してみるといいでしょう。いつでも留守電になっている、なかなか電話に出ない、などが見られると浮気をしている可能性があります。SNSで連絡を入れ、既読や返信が返ってくる時間をチェックするのもいい方法です。ただし、残業などの理由で不在にしている場合もあるので、そのほかの方法と併せて調べることをおすすめします。

3-2.別居先のベッド周辺や洗面所などをチェックする

男性が別居先で浮気をしている場合、ベッド周辺や洗面所をチェックしてみましょう。女性もののグッズが出てくると、浮気をしている可能性があります。ヘアアクセサリーや化粧水など、明らかに女性が使ったものが残っていたら、浮気を疑ってください。また、歯ブラシが2本あったりコップが2個使われていたりするのも怪しいでしょう。女性が浮気のために宿泊したと判断できます。

3-3.別居先に突然訪問してみる

別居先に突然訪問してみるのもいいでしょう。離婚していない状態なら、パートナーとしていつ訪問しても不思議ではありません。近くに用事があったからついでに来た、などと理由を付けて家に上がりましょう。突然訪問されると、浮気の証拠を隠しづらいのがメリットです。タイミングがよければ、浮気の現場を押さえることもできるでしょう。

4.浮気調査を探偵事務所に依頼するには?

浮気調査は、信頼できる探偵事務所に依頼すると確実です。

4-1.信頼できる探偵事務所に依頼する

別居中の浮気調査は、信頼できる探偵事務所に依頼しましょう。以下のポイントを参考に選ぶと安心です。

  • 浮気調査で豊富な実績がある
  • 確実に成果を出すことで定評がある
  • 簡単な相談や見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 希望の調査日程を考慮してくれる
  • スタッフが親身になって相談に乗ってくれる
  • 顧客からの評判がいい
  • 調査結果を分かりやすい報告書にまとめてくれる
  • 守秘義務に沿い言動・行動に配慮している
  • 活動地域の公安委員会に探偵業の届け出済み

4-2.見積もりの依頼から始める

探偵事務所に浮気調査を依頼するときは、見積もりの依頼から始めましょう。4-1を参考にして選んだ探偵事務所に連絡し、浮気調査の相談をしてくだい。すると、折り返し見積もりが送られてきます。金額・調査内容・期間などを確認し、問題がなければ正式に依頼してください。希望日程にて調査してもらえます。調査が完了したら、探偵事務所から報告を受けて完了です。なお、支払いについては前金制・成果報酬制などさまざまなので、事前に確認しておきましょう。

4-3.悪質な探偵事務所に注意すること

探偵事務所の中には、悪質なところも含まれています。悪質な探偵事務所と契約すると、以下のようなデメリットがあるので絶対に契約してはいけません。

  • きちんと調査せず適当に調査結果を報告する
  • 調査結果を報告書にまとめてくれない
  • 写真や音声データなど、調査結果を導き出した証拠を提示しない
  • 法外に高い金額を請求される
  • 勝手に追加調査を進めてしまう
  • 個人情報を第三者に流出・転売される

悪質業者は、活動地域の公安委員会にも探偵業の許可を得ずに活動している場合があります。不審に感じたときは、許可証の提示を求めることも大切です。

5.別居中の浮気に関するよくある質問

最後に、別居中の浮気に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.別居中に浮気しやすい理由は?
A.パートナーの目がなくなり解放感があることや、異性を家に上げることが自由になるからです。特に、子どもと同居しない場合は、浮気に走りやすくなります。

Q.別居中に浮気された場合、必ず慰謝料請求するべきか?
A.いいえ。慰謝料請求する・しないは自由です。慰謝料請求は、金銭の支払いをもって浮気相手に償ってもらう手段の一つにすぎません。たとえば、謝罪をしてもらえば十分という場合は、必要ないのです。

Q.「浮気は一時的な気の迷いだから二度としない」と言われたが信用できる?
A.状況によります。問題を大きくしたくない、慰謝料請求されたくない、と理由で発言している可能性があるので慎重になりましょう。離婚をしたくないのなら、パートナーを信じて受け入れることも必要です。

Q.別居中に浮気された場合、慰謝料の目安は?
A.約50万円~です。たとえば、夫婦双方が関係修復を目指していた場合の浮気や、浮気によって離婚に至った場合は、金額を上乗せできることがあります。詳しくは、弁護士など法律に詳しい人に相談してください。

Q.別居中の浮気調査を探偵事務所に依頼した場合の費用目安は?
A.4日間(16時間)程度の調査で、約20万円~が相場です。実際には調査期間・難易度・調査員の人数・交通費など諸経費など、さまざまな要素で金額が上下します。より正確な金額を知るには、探偵事務所から見積もりをもらってください。

まとめ

今回は、別居中の浮気について詳しく解説しました。別居中に浮気されても、条件によっては慰謝料請求の対象になります。まずは、パートナーの言動や行動を注意深く観察するなどにより、浮気の証拠をつかみましょう。なお、浮気調査は信頼できる探偵事務所に依頼することをおすすめします。自分で調査するより客観的で確実な証拠をつかめ、慰謝料請求を有利に進めることができるでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所