職場で不倫をしやすい人の特徴やリスクを解説! 不倫の対処法も解説!

シェアする

「職場で配偶者や恋人が不倫した」という例は消して珍しくありません。配偶者が異性とパートナーになって仕事をするときは、不倫を心配する人も多いと思います。では、なぜ職場で不倫をする人が多いのでしょうか?

そこで今回は、職場で不倫をする理由や対処方法を紹介します。

  1. 職場で不倫が起こりやすい理由
  2. 不倫をしやすい男女の特徴
  3. 職場で不倫しているカップルは目立つ
  4. 配偶者に職場不倫の可能性がある場合の対処方法
  5. 探偵業者に不倫調査を依頼するメリット
  6. 職場の不倫に関するよくある質問

この記事を読めば、不倫のリスクや不倫している事実の突き止め方なども分かります。配偶者が職場で不倫をしているかもと悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.職場で不倫が起こりやすい理由

不倫はふとしたきっかけで起こることもあります。では、なぜ職場で不倫が起こるのでしょうか?この項では、それを説明します。

1-1.長時間一緒にいる

職場は、一日の大半を過ごす場所です。人によっては家にいるより職場にいるほうが長いという人も多いことでしょう。そのため、好みの異性がいると距離を縮めやすくなります。

1-2.心を通わせやすい

職場の人間関係はさまざまです。一緒に力を合わせて仕事に取り組むこともあれば、仕事を教わることもあれば、教えることもあるでしょう。人間関係によっては好意を抱きやすくなることもあります。たとえば、一緒に仕事をやった結果大きな成功を収めることができたとき、厳しくも温かい指導を受けたときなどは、恋愛感情を抱きやすくなることもあるでしょう。

1-3.寂しさを紛らわすために不倫に走ることもある

職場はストレスを感じやすい場所でもあります。また、転勤や移動があると知らない人との間に新しく人間関係を築いていかねばならず、寂しさを感じることもあるでしょう。その結果、寂しさやストレスから不倫に走ることもあります。

2.不倫をしやすい男女の特徴

では、不倫をしやすい男性や女性はそれぞれどのような特徴があるのかここでご紹介します。

2-1.心身共に充実している男性のほうが不倫しやすい

男性の場合、女性よりも不倫に対するハードルが低い傾向があります。そのため、スリルを求めて不倫をすることも珍しくありません。たとえば、「仕事も家庭もうまくいっていて何の問題もないが、その分退屈」という人が浮気に走るケースもあるでしょう。独身時代にモテた人ばかりでなく、結婚をしてから落ち着きが出て異性に人気が出てきたという男性も不倫しやすい傾向があります。

2-2.頼られるとうれしくなって不倫に走る男性もいる

男性の場合、女性に頼られるとうれしくなって一線を越えてしまう人もいます。たとえば、「相談されているうちにふたりの距離が縮まって気がつけば深い仲になっていた」というケースもあるでしょう。

2-3.不安から不倫に走る女性もいる

女性の場合、「出会いがない」「仕事に自信がない」といった不安から不倫に走るケースがあります。頼れる存在に出会うと、つい身を任せてしまうのでしょう。また、女性の場合は男性から強引に誘われると断れないケースもあります。

2-4.男女とも寂しいから不倫に走ることもある

「慣れない土地で就職して友達もいない」「仕事にかまけていたら、家庭で居場所がなくなった」という人は珍しくありません。寂しさを抱えているとそれを慰めるために不倫に走ることもあります。これに性別は関係ありません。

3.職場で不倫しているカップルは目立つ

職場で不倫しているカップルは目立ちます。不自然に態度がそっけなかったり、逆に度を超えて親しい態度をとったりすることもあるでしょう。また、退勤時間や残業時間が一緒だったり、同日に休日出勤をしたりすることもあります。本人たちは馬区画しているつもりでも、周りにはふたりの関係が一目瞭然、ということも珍しくありません。

4.職場不倫によって起こるリスク

職場で不倫が起こると以下のようなリスクが発生します。

  • 職場の信用が落ちる
  • 職場で扱っている製品のイメージがダウンする
  • 職場の雰囲気が悪くなる

現在、世間が不倫した人に向ける視線は厳しくなっています。たとえば、ファミリー向けの製品を扱っている場合、職場だけでなく扱っている製品のイメージダウンも避けられません。また、職場自体の評判も落ち、倫理観が問われることになります。その結果、不倫した人は職場に居づらくなることでしょう。

5.配偶者に職場不倫の可能性がある場合の対処方法

では、配偶者が職場で不倫をしている可能性がある場合、どうしたらいいのでしょうか? この項ではその対処方法を紹介します。

5-1.証拠をつかむことから始める

不倫していることをあっさりと認める人はほとんどいません。感情的に問い詰めてもはぐらかされるだけでしょう。話し合いをする前に不倫の確実な証拠をつかむことが大切です。

5-2.自分でつかめる不倫の証拠

職場で不倫をしている場合、残業や出張、休日出勤を口実に不倫相手と会っているケースが多いでしょう。そこで、給与明細を確認してみてください。本当に残業や出張ならばその旨が記されているはずです。また、レシートやクレジットカードの履歴もチェックしてみましょう。残業中なのに買い物をしたりクレジットカードを使ったりした形跡があった場合は、残業を口実に浮気している可能性があります。そして、スマホは浮気には欠かせないアイテムです。スマホをチェックし、メールやSNS、着信履歴などを探してみましょう。不倫相手と連絡を取った形跡が残っているかもしれません。

5-3.探偵業者に不倫調査を依頼するメリット

裁判所にも提出できる不倫の証拠とは、ラブホテルに出入りしている写真やお互いの家に長時間にわたって出入りしているという記録です。これらの写真や記録は個人で撮るのは難しいでしょう。そこで、依頼すると便利なのが探偵業者です。探偵業者に依頼すれば、浮気の確実な証拠だけでなく、浮気相手の素性や住所も調べてくれます。少しでも確実な証拠をつかみ、話し合いを優位に進めたい人は、多少費用がかかっても探偵業者に依頼してみましょう。

6.職場の不倫に関するよくある質問

この項では、職場の不倫に関する質問を紹介します。

Q.職場で不倫したことを理由に解雇されることはありませんか?
A.社則にもよります。規律が重要視される職場の場合、解雇される可能性もあるでしょう。

Q.不倫をしたが、不倫相手から慰謝料を請求できないケースはありますか?
A.不倫相手が配偶者を既婚者と知らなかった場合や、配偶者が職場での地位を利用して無理やり関係を迫った場合などは慰謝料の請求は難しいでしょう。

Q.職場で不倫をした場合、会社の責任を問うことはできませんか?
A.不倫は個人の問題なので難しいでしょう。

Q.体の関係がない場合は不倫といえませんか?
A.はい。裁判では肉体関係がない場合は不倫と認められにくいでしょう。ただし、長期間にわたって肉体関係以外に恋人同然のお付き合いをしていた場合は、不倫と認められるケースもあります。

Q.不倫をしていても慰謝料請求が認められないケースがあると聞きました。
A.長期間夫婦が別居しているなど、婚姻関係が破綻しているとみられる場合は、不倫をしても慰謝料請求が認められないケースもあります。

まとめ

今回は、職場の不倫について紹介しました。職場での不倫はお手軽ですが、ばれたときのリスクがかなり高いと理解してください。一時の快楽の代償は大きいものです。理性的に行動しましょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所